知ってみると意外におもしろい「仏像ワールドへ Pit In」

菩薩(衆生救済の実務者)

あなたの願いに向き合う 十一面観音

全身全霊であなたの願いに向き合ってます!

観音像の基本モデルである聖観音を基にして
最初に作られた変化観音が十一面観音です。

多面像(複数の顔を持つ像)の仏像としても最初にあらわれ
そして、観音像の中でも最も多い作例がこの十一面観音像です。

名前のとおり、十一の顔をもっており、その顔を四方八方に向けることで、
救いを求める人達の様子を常に観察して助けに来ることを表しています。

このことにより、聖観音よりもその救済の方法が具体的になったことで
多くの信仰を集めるようになりました。

気品さで聖観音、具体的救済という機能で十一面観音という形で
人々の心を掴んだのでしょうね。

まさに、臨機応変の使い分けといったところです。

さて、その十一面の顔がもつ機能備を具体的に紹介すると、

中央の大きな顔を含んだ正面の三面が慈悲面といいます。
これらは、おだやかでやさしい顔をしており、慈悲の心を与えてくれます。
いわゆる一般大衆向けですね。

次に右側の三面を狗牙上出面(くがじょうしゅつめん)といいます。
優しげな顔に歯が見えており、「ねぇ、元気だして~♪」と励ましてくれます。
気分が落ち込んだ時の癒し系といったところでしょうか。

左側の三面を瞋怒面(しんどめん)といいます。
まさに怒っている顔をしており、悪人を懲らしめ、正しい行いに導こうとします。
「悪い奴らに情けはいらぬ、成敗してくれよう、桃太郎侍」みたいな感じです。

後にある一面は暴悪大笑面(ぼうあくだいしょうめん)といいます。
悪を笑い飛ばし、正しい道に行けと諭す顔です。
「ハッハッハッハッ、この紋所が目に入らぬか!」
というイメージならご理解いただけると思います。

最後に、頭頂部にピョコッと目立つのが仏面です。
仏の道に目覚めた人に教えを説く意味があります。
この顔は如来の顔を表現しています。

以上、これら十一面の顔で人々に救いを差し伸べています。

補足として述べると、本来、三十三の変化をする観音菩薩は
既に悟りの境地に達しており、如来になれる資格を持っているのですが、
敢えてそれをせず衆生救済の道を選んでいるといわれています。

まさに、
「事件は会議室・・・じやなく天界でおきてるんじゃない、現場でおきているんだ」
を身をもって行動してるんですね。

ホント、素晴らしい!!

あなたの願いに向き合う 十一面観音
【十一面観音 像】
頭の上の仏(変化面)は10面と11面があります。
聖林寺では10面、法華寺では11面です。
夢の願望達成法
⇒⇒ 奇跡を起こす「夢の願望達成法」

<PR> 短期ダイエット - ダイエット・健康関連1 - ダイエット・健康関連2 - サイト紹介 - 贅肉腹を撃退!!腹筋を割る鍛え方
野球のピッチングフォーム - 太もも・二の腕・小顔が簡単痩せる - 面接の仕方で決まる極意! - ペニス増大法で短小からの解放!