知ってみると意外におもしろい「仏像ワールドへ Pit In」

菩薩(衆生救済の実務者)

菩薩の母と呼ばれる 准提観音

「スーパー観音ママ!」って呼ばれてます

元来、仏とはどこから生まれてきたのか?
そう考えることってありませんか。

そんなの、仏教の経典に書かれているだけで実際には存在しないんじゃあ。。
まぁ、敢えて言うなら経典から生まれた架空の登場人物ってとこかな。

確かに、そうやって言ってしまえば身も蓋もありませんけど・・・

しかし、仏の中には釈迦如来阿弥陀如来のように
実在の人物から仏になった人だっています。

だとすると、他の仏にだって人でなくてもいずれかの親がいたって
おかしくないんじゃいかと、当初、多くの信仰者が考えてたみたいです。

それでという訳かどうかわかりませんが、初期の経典には
准提仏母(じゅんていぶつぼ)と呼ばれる者がおり、衆生を救済するために
多くの仏(菩薩)を生み出したと書かれています。

仏母とは、仏の母親という意味を表しています。

そしてこの准提仏母が、のちに准提観音菩薩と呼ばれるようになったのです。
ちなみに准提とは、ヒンドゥー教の女神チュンディーの音写からきています。

でも、ここでちょっと疑問が発生。

だとすると、准提観音って女なの!
そもそも、観音菩薩は男だったはずじゃ。。

それだけじゃありません。
観音の中でも特に選びぬかれた六観音のメンバーに選ばれているんですが、
天台宗密教系統では、准提仏母という名前から准提観音は観音ではないと
異を唱えられ、六観音からもはずされています。

それにこの准提観音、他の観音とは大きく違うところが一つあります。

それは、どの観音も主すじにあたる阿弥陀如来の化仏のついた
宝冠をかぶっているんですが、准提観音のみ化仏がついていません。

こーいった疑問や宗派による取り扱われ方の違いからか
今ひとつ民衆からも人気を得ることが出来なかったみたいです。

そのためか仏像・絵画どちらとも作品がわずかしかありません。
少しかわいそうな気もしなくもないですね。

代表作として広隆寺や東京国立博物館の絵画があります。
数が少ないだけに貴重な作品といえますね

菩薩の母と呼ばれる 准提観音
【准提観音 像】
18本の手と斧、3つの眼が特徴。
夢の願望達成法
⇒⇒ 奇跡を起こす「夢の願望達成法」

<PR> 短期ダイエット - ダイエット・健康関連1 - ダイエット・健康関連2 - サイト紹介 - 贅肉腹を撃退!!腹筋を割る鍛え方
野球のピッチングフォーム - 太もも・二の腕・小顔が簡単痩せる - 面接の仕方で決まる極意! - ペニス増大法で短小からの解放!